東武鉄道は、東武東上線とゆかりがあるロックバンド「KEYTALK(キートーク)」とコラボした期間限定企画「夏フェスティバル♪KEYTOBU」を20日から行うと発表した。川越駅などで発車メロディーを同バンドの楽曲に変更したり、8月には臨時イベント列車「KEYTOBUトレイン」を走らせる。期間は9月10日まで。

 沿線で活動を開始し、川越駅周辺のライブハウスなどでライブを重ねるなど、同バンドが東上線とゆかりがあることから、今回のコラボが実現。メンバーが学生時代を過ごし、互いに出会いを果たすなど、メンバーゆかりの地である東上線沿線の各地を“聖地”とし、その最寄駅である柳瀬川、上福岡、川越、鶴ケ島、森林公園の計5駅の発車メロディーを、同バンドの楽曲をオルゴール調にアレンジしたものに変更する。

 また、発車メロディーを変更する5駅に加え、池袋、朝霞台の計7駅を巡る「KEYTALK聖地巡礼スタンプラリー」も実施。7駅に設置されたスタンプを集めると、「KEYTOBUオリジナルステッカー」がもらえるほか、全てのスタンプを集めて応募した参加者の中から抽選で10人に「KEYTOBUオリジナル直筆サイン入りポスター」(5枚セット)がプレゼントされる。

 8月26日には、KEYTOBUヘッドマークを掲出した臨時イベント列車「KEYTOBUトレイン」の運行を予定。池袋駅~川越駅を走り、列車には同バンドメンバーも乗り込むという。さまざまなイベントやメンバーによる車内アナウンスなどが楽しめる。

BizBuz - MANTANWEB