ホームページ上でも公開された東京電力の記者会見のやりとりを聞いて「この会社の体質は本当に変わったと言えるのだろうか」とつくづく考えてしまった。
 東電は今月16日、福島第1原発2号機で、自走式ロボットによる原子炉格納容器の内部調査を実施した。取り出しを目指す溶け落ちた核燃料などの所在を確認するのが狙いだった。
 ロボットは途中までしか進めず、目標にしていた核燃料が溶け落ちた可能性のある圧力容器直下には到達できなかった。一番の目的を達成できなかったのは、どう見ても明らかだ。
 しかし、東電は当日の会見で「失敗とは考えていない」「(溶融燃料取り出しの)ヒントは得られた」と繰り返した。確かに前日も調査の難しさを強調し予防線を張ってはいたが、なぜ「目標を果たせなかった」と素直に認めないのか。
 東電は原発事故当初、炉心溶融(メルトダウン)を隠蔽(いんぺい)した。そうした体質が拭えていないとしたら…。
 一つでも隠せば、もっと大きな隠蔽があると疑われてしまう。それが、福島全体の風評にもつながる恐れがあることを、東電は分かっているのだろうか。
(福島総局長 安野賢吾)