石巻はアンコウの街でもある、と最近思う。鮮魚店では、グロテスクな顔のアンコウが並んで売られている。「アンコウの共あえ」は家庭によってそれぞれの味が伝わる。
 石巻ではその昔、アンコウは安い魚の代表だった。一匹丸ごと買い、一家総出で共あえを作ったという。みそと肝をあえる砂糖の割合、白みそか赤みそか、みりんを使うか使わないか…。わが家の味がある。
 新鮮なアンコウが揚がる石巻では、しゃぶしゃぶを出す店もある。行きつけの店で先日、あんこう鍋の作り方を教えてもらった。
 アンコウはつるし切りが有名だが、店主はまな板でさばく。身や肝、皮、ヒレ、エラ、胃、卵巣。いわゆる「七つ道具」を切り分ける。肝は蒸してから鍋に入れる。骨でスープを取り、野菜や豆腐を入れ、みそで仕立てる。
 「弱火でじっくり煮るのがこつです」。寒い夜、ふうふうしながら食べるあんこう鍋は格別だ。港町石巻に暮らす幸せを感じるときでもある。
 石巻のアンコウ、知名度が低いのはもったいない。観光資源としてもっと活用できないものだろうか。(石巻総局長 古関良行)