高校野球取材で甲子園球場(兵庫県西宮市)を初めて訪れてから27年。これまで春の選抜大会で7度、夏の選手権大会で4度の計11度、東北勢の試合を見てきた。悲願である大旗の白河の関越えはまだ実現していないが、9月上旬に個人的な長年の念願がかなった。
 それは甲子園でゆっくり野球観戦を楽しむこと。休暇で関西方面へ妻と旅行した際、プロ野球の阪神とDeNAのナイターを見た。しかも幸運なことに、阪神・鳥谷敬内野手の通算2000安打達成の瞬間に立ち会うことができた。
 試合は8-3で阪神が快勝し、4万5000を超える観客から黄色いジェット風船が放たれた。阪神ファンではないので、なかなか雰囲気には乗れない。それでも、高校野球の聖地にふさわしい球場の日常の雰囲気を、仕事抜きで味わうことができて感動を覚えた。
 思い出は短歌同人誌の作品(旧かな表記)にした。<あほやなあ阪神勝つて有頂天 さういふ人に少しなりたい>。阪神ファンほど熱狂的でなくても、東北人だって身びいきチームの勝利に酔う。4年ぶりのクライマックスシリーズに挑む東北楽天に期待したい。
(スポーツ部次長 薄葉茂)