衆院選は投票まで5日。数日前の紙面に候補者の横顔紹介が載った。全ての人が地元で取材できるわけでなく、党首級や閣僚は東京でということがある。
 今回は小野寺五典防衛相、小沢一郎自由党代表が東京での取材になった。小沢氏には盛岡から若手が出張してきた。3月までの同僚。この欄で将棋好きの頭脳派と紹介したことがある。小沢氏は区割りが改定された岩手3区で17選を目指す。入社3年目で強固な小沢後援会の選挙を取材できるのはうらやましい。
 仕事が終わった夜は、半年ぶりに一緒に飲んだ。昨年夏の参院選で期日前投票の出口調査をやってもらい、その後の台風豪雨取材では大活躍してくれたことを改めて思い出す。
 本人は「盛岡にいる間に衆院選があってよかったです。小沢さんは囲碁の話をしてました」と背筋をピンとさせて意欲満々。もっと飲ませたかったが、朝早いので短時間で解散した。
 翌日、支社の中堅が「そういえば、お土産なかったですね」。昨年春、あいつが盛岡に赴任したときも当時の同僚がそう言ってたっけ。お土産はいらないからまた来なさい。(東京支社編集部長 吉岡政道)