サッカーのイングランド・プレミアリーグ、レスターの岡崎慎司選手が、10月21日のスウォンジー戦で今季4点目を挙げた。チーム加入3季目で、日本代表で見せている「点取り屋」の本領発揮へ期待が膨らむ。
 10日以上も前の話をいまさら持ち出したのは、出稿された記事を掲載できなかったから。ワールドカップロシア大会を来年夏に控え、主要な選手の動向を伝える意味はあったが、出稿された日が悪かった。
 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)で東北楽天の今季が終わった当日で、試合内容や総括など記事が満載。J1仙台の中野嘉大選手が負傷したとのニュースが飛び込み、ボクシングの世界タイトル戦も3試合。優先順位を付けると、衆院選の投開票と重なる中で何とか用意した紙幅に入らなくなってしまった。
 インターネットなら「入らない悩み」はないかもしれない。新聞は限定された紙面ゆえに、氾濫するニュースを絞り込んで提供する利点があると思っているが、「掲載すべきだ」と考えたニュースが集中すると、つらい判断を迫られる。担当者として無念だった思いが、この記事になった。
(整理部次長 宮本伸二)