東日本大震災の後、風呂の残り湯は次に湯を張る時まで捨てずにためている。震災で生活用水の大切さを再認識したからだ。
 水がないと水洗トイレは使えない。残り湯があれば、当座をしのげる。風呂の栓を抜かないだけ、と手軽な備えでもある。
 震災では各地で大規模な断水が発生し、生活用水だけでなく、飲料水にも事欠いた。給水車が出動し、容器を手に水を求める人たちが行列を作った。
 給水で思い出すのは、仙台市青葉区の理容店のこと。震災発生直後、急ごしらえした段ボールの看板が店先にあり、気になった。手書きでつづられた一文は「飲用水ご自由にどうぞ」。
 その地域は水道の復旧が極めて早かった。看板の反響は大きく、店主によると一時は散髪よりも、水をくみに訪れる人の方が多かったらしい。
 震災を契機に知り合った人たちの交流が連日、紙面を飾っている。その理容店でも水の提供を縁に、通い始めた散髪客が少なくないという。自分もそんな一人。当時、水はもらわなかったが、あの看板が忘れられず、今でも仙台に行くと髪を切ってもらう。(山形総局副総局長 須藤宣毅)