12月はまだ1日だというのにこのタイトルはないだろう。とはいえ、多分に漏れず新聞社の師走は慌ただしい。十大ニュースや年末回顧といった一年を締めくくる記事はもちろん、新年の分厚い朝刊を読者に届けるべく「正月作業」が本格化するからだ。
 日頃の取材活動が繁忙を増す中での正月作業は結構きつい。年が明けて数日間、世の中が動きだすまでの紙面を埋める記事の取材もある。加えて元日の1面を飾る記事をどうするか。報道部のデスクや各取材班は、暗黙のプレッシャーを感じながら暮れゆく日々を過ごす。
 かつて、正月スタートの連載企画を担当したことがあった。忙しさにかまけて、仕込みや取材を先延ばしにしていたら、あっと言う間に年の瀬に。除夜の鐘が鳴っても執筆に追われ、周囲に大変な迷惑を掛けた残念な記憶がある。
 暮れも押し詰まると、編集局内には正月ムード満載の紙面があふれてくる。師走の格闘は「いい正月」を迎えるための年中行事-なんて書いていたら、すっかり仕事が終わった気分になってしまった。12月はまだ1日だというのに。
(報道部次長 今里直樹)