今年もきょうを含めてあと3日。正月に箱根駅伝をテレビ観戦したのがついこの間のような気がするのに、月日がたつのは本当に早い。
 本日の朝刊に「東北十大ニュース」が載っている。秋田県関係では、北朝鮮からとみられる木造船の相次ぐ漂着が10位、知事選(宮城、山形両県も合わせて)が13位、5人が亡くなった横手市のアパート火災が19位に入った。
 それ以外も慌ただしい1年だった。4月には県人口が100万を割り、知事選と同日の「ミニ統一選」があった。7月の大雨では、佐竹敬久知事の県外ゴルフをはじめとする危機管理に欠けた対応が批判を浴びた。8月には再度大雨が降り、大仙市では震度5弱の地震があった。クマの目撃件数は過去最多だった。
 この時季、JR秋田駅の新幹線ホームは帰省客や年末年始を県外で過ごす人たちでにぎわう。発車メロディーは横手市出身のシンガー・ソングライター高橋優さん(34)の「明日はきっといい日になる」。
 来年こそは、「明日もいい日になる」1年になってほしい。軽快なメロディーを聴きながら、切に願う。
(秋田総局長 宮川宏)