東北の風物詩や伝統行事、豊かな自然や人々の表情を紹介する毎週月曜日掲載の写真特集「アングル」を楽しみにしている。写真部を中心に6県で取材を続けている。自然が相手だと天候に左右されることもあっただろう。何日も通い続けて撮影したものもある。
 写真撮影では苦い経験が何度もある。岩手県南に春を告げる山岳道路の除雪の取材で、雪を巻き上げる除雪車にカメラを向けてシャッターを押したが動かない。前日に新品のカメラをいじっているうちにロックボタンを押したらしい。気付いた頃には、除雪車の姿は遠くへ。
 別の日には、カラーフィルムをモノクロ現像してしまった。腕を磨こうと休日に撮影の練習をして、そのままにしていたことを忘れていた。再び現場へ。
 数々の失敗を重ねたため、カメラを持つといまだに体中から汗が噴き出る。「撮影は大変だったろうな」と、自身の思い出と重ねながら一枚一枚を見ている。
 アングルは、「河北新報オンラインニュース」でも公開している。紙面に掲載できなかった別カットが楽しめる。紙面のQRコードからアクセスできる。
(整理部次長 古里直美)