出張先の神戸市で雨に見舞われた。足元を気にして地面ばかり見て歩いていたら、思わぬものに遭遇した。港の風景がカラフルに描かれたマンホールのふた。緑の山と白い船。赤いポートタワーにカモメ。「だいすき こうべ」の文字も。
 各地の名所や名物などをあしらったご当地マンホールだ。例えば青森市はねぶた。静岡県富士市はやっぱり富士山。広島市はプロ野球のカープ坊やときた。
 昨春、その地でしか手に入れられない「マンホールカード」が登場し「巡礼」人気に火が付いた。下水道事業のPRが目的だが観光面に好影響を与えている。
 きょう、第6弾の配布が始まった。新顔の中に白石市がある。絵柄は白石城と市花の黄色いヤマブキ。白石城歴史探訪ミュージアムで無料で手に入る。
 実際のふたは、城の石垣の北側辺りにある。見つけたら視線を上げてみよう。「お城とのツーショットは、よそにはない景色だと思いますよ」と市上下水道事業所の担当者。デザインには、ある秘密も隠されている。ミュージアムを訪れた人だけにヒントが与えられるそうだ。