中学デビュー、高校デビューという言葉を聞いたことは、おありだろうか。人も環境もがらりと変わる機会に、違う自分で生活をスタートさせることを指す。
 「もっと友達が欲しい」とか「もっともてたい」といった願望が根底にある。頭の良さを鼻に掛けた嫌みな級友が、中学生になった途端お調子者に変身、驚いた経験を思い起こす。進学、新年といった時季がリセットの好機なのだろう。
 来年5月1日の改元まであと1年。平成が間もなく終了する。昭和天皇崩御に先立ち、世に自粛ムードが広がった。記憶の鮮明な世代として、時代の終幕にまた立ち会うのは感慨深い。
 冷戦終結(1989年)による明るいムードで始まった平成。流れが変わったのは阪神大震災、地下鉄サリン事件(ともに95年)あたりからか。そして東日本大震災(2011年)が起きた。
 死者7人の惨事となった地下鉄サリンなど一連のオウム真理教事件。教祖は口をつぐみ、真相に迫れない。震災は風化が進み、廃炉が実現する日は遠い。改元をもってリセットさせてはなるまい。