ソープ・オペラ。聞き慣れない言葉だが、テレビ文化発祥地、米国でメロドラマを意味し、せっけん会社の提供が多かったための異名だ。昨今は本場が「韓流」に移った観があるが、米国ではせっけんの泡ならぬ泥仕合の「トランプ劇場」が終わらない▼トランプ米大統領は就任後半年を迎えた先月20日、「マガノミクス」なる経済政策を発表した。マガは「米国を再び偉大にする」との口癖を短くした造語。景気のよい目標を掲げたが反応は鈍く、30%台に落ちた支持率は上向かない▼昨年の大統領選でロシアの支援を得たとの疑惑が閣僚の失脚、捜査にも発展した。火消しを焦るトランプ氏は側近さえ「役に立たぬ」「言うことを聞かぬ」と見るや更迭。追及するメディアをたたくトランプ節は威勢よいが、政権に入れた長男や娘婿も疑惑の人物に。「火宅」の政界ドラマさながらだ▼疑惑の火が消えず支持率低下に悩む人といえば、わが国の安倍晋三首相もそう。2月の初会談ではトランプ氏の別荘でゴルフを楽しんだ2人だが、そんな余裕はもはや互いになさそう▼こちらは目をかけた防衛相の失態をかばい続け、身内に甘い「決められない」首相に。3日にも内閣改造を控えるが、どろどろのドラマの流れを変える新展開を国民に見せられるのか。(2017.8.1)