どんなにか痛いだろう。テレビで見ると、涙を浮かべているようにも見えた。石巻市の北上運河でこのほど見つかった、頭部に矢のような物が刺さった白いユリカモメ▼矢は長さが10センチほど。紙で作ったらしく、近くには同じような矢が何本か落ちていたという。吹き矢で狙ったとみられる。悪質ないたずらだろう。生命を軽んじる卑劣な行為に胸が詰まる▼卑劣という意味ではこちらも怖い事件が相次ぐ。米国での銃乱射事件だ。これに対してワシントンで先日、銃規制を求める大規模なデモがあった。目を引いたのは、黒人公民権運動指導者マーチン・ルーサー・キング牧師の9歳の孫娘ヨランダさん。祖父の有名な言葉を引用して「私には夢がある。銃のない世界だ」と訴えた▼キング牧師が暗殺されたのは、50年前のきょう4月4日だ。人種差別や暴力のない社会の実現を目指して闘ったキング牧師。テネシー州メンフィスのホテルのバルコニーでくつろいでいるところをならず者が撃った銃弾に倒れた▼「黒い鳥は飛んで行く」。牧師の死後、ビートルズは黒人女性を鳥になぞらえ、米国の公民権運動をテーマにした歌『ブラックバード』を発表している。こちらは白いユリカモメだが、元気な姿で群れに飛んで行ける日が早く来ますように。(2018.4.4)