北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏がマレーシアで殺害されてから2週間がたった。
 事件の真相は、今なお闇の中にある。だが、現地警察当局の捜査で、北朝鮮による国家ぐるみの凶行だった疑いが濃厚となっている。
 そうだとすれば、マレーシアの主権が侵害されたことにほかならない。捜査に厳しい姿勢で臨むのは当然だ。国際社会にとっても許し難い「国家によるテロ」である。正男氏のためにもマレーシア政府を支持し、真相究明に資する国際世論と圧力を強めたい。
 事件は13日、旅行客が行き交うクアラルンプール国際空港で起きた。防犯カメラの映像から、実行犯とされるベトナム国籍とインドネシア国籍の女2人が逮捕された。
 肝心なのは、その背後で、逮捕済みの1人、帰国した4人を含め、北朝鮮国籍の少なくとも8人が事件に関わった疑いが持たれていることだ。
 その中には、在マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官が含まれる。このことは国家組織が関与した疑いを強める。
 その疑いをより深めさせたのが殺害に使われた毒物だ。正男氏の遺体からは猛毒の神経剤VXが検出された。
 殺傷能力が極めて高い化学兵器であり、国際条約で製造、使用が禁止されている。だが条約未加盟の北朝鮮は開発・保有しているとされる。
 警察当局は、VXが北朝鮮から持ち込まれたことも視野に捜査を進めている。
 当然のことながら、腹立たしいのは北朝鮮の対応だ。遺体の早期引き渡しを求めるとともに、合同調査を言いながら捜査に協力するそぶりさえ見せない。むしろ、捜査を妨害しようという姿勢だ。
 嫌疑が及べば、それらは陰謀だとして、何ら根拠を示すことなしに一方的にマレーシアや韓国を非難する始末だ。
 マレーシアと北朝鮮との外交関係は40年以上にわたり、北朝鮮国民が査証(ビザ)なしで訪問できる友好国だ。それ故、証拠隠滅につながる遺体引き渡しも即座にかなうと高をくくっていたのか。
 だが、主権が侵された疑いが濃いマレーシアは一歩も引かず強硬だ。不誠実で攻撃的な対応に、駐北朝鮮大使の召還を決定。国民の間では「断交」を求める声が強まる。
 日本人拉致事件で再調査を幾度もほごにされたわれわれは、その言動を理解できる。
 同じく友好国で、実行犯として自国民が逮捕されたベトナムとインドネシアも、不信感を募らせているという。
 北朝鮮は、友好関係にあった東南アジア各国を敵に回した形だ。VX使用が分かり米政府は、独自制裁の対象とする「テロ支援国家」に北朝鮮を再指定する検討を始めた。
 結果的に、北朝鮮包囲網の強化が図られつつある。マレーシアの捜査を見守り支えつつ、国際社会も事件の真相により近づかねばならない。