これからも、かの国のペースで対話が進みかねないのではないか。約2年ぶりに開かれた韓国と北朝鮮による閣僚級の南北当局間会談を受け、残念ながら、そうした懸念を抱かざるを得ない。
 北朝鮮は会談冒頭で韓国が望んだ平昌冬季五輪参加を表明し、しかも大規模な代表団を派遣するとアピール。軍事的な緊張緩和の解消に向け韓国が求めた軍当局間会談も、あっさりと受け入れた。
 韓国との関係改善に積極的な姿勢を示し、南北融和ムードを醸し出してみせた。
 だが、核兵器・ミサイル開発問題では「私たちの核兵器は米国を狙ったものであり、韓国を狙ったものではない」などと語り、韓国は相手にしないと主張し非核化要求を強くけん制したという。
 北朝鮮ペースで終始した会談だったことは間違いない。
 確かに、北朝鮮が参加し「平和五輪」が実現する意義は小さくはあるまい。
 きのうの年頭記者会見で韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は、五輪を南北の関係改善と「朝鮮半島の平和の転機としなければならない」と強調した。そうなってほしいと誰もが望む。
 そのためには、関係改善にとどまらず、米国との直接交渉を促すことも視野に入れ、北の核放棄につなげる道を探らねばならない。
 国際社会と共に目指す非核化という目標を見失うことなく、粘り強く対話を続けてもらいたい。そのことが、北朝鮮が計る日米韓の分断をくじくことにもつながるはずだ。
 まず必要なのは、対話の主導権を握ることではないか。
 北朝鮮が路線を転換し韓国を対話に引き込んだのは、最終段階とみられる核・ミサイル開発のための時間稼ぎという見方がある。韓国を抱き込んで米韓同盟の分断を図り、国際包囲網に風穴を開ける狙いがあるともされる。
 手のひらを返してまで包囲網をほころびさせようともくろんでいるのなら、そのことは国際社会による制裁と圧力が十二分に効果を上げている証しといえるのではないか。
 国連安全保障理事会決議によって貿易や外貨獲得手段、原油・石油精製品の供給までもが大幅に制限されている北朝鮮国内は今、どんな状況にあるのか。その現状をできる限り把握することは、交渉の主導権を握るカードとなり得るのではないか。
 対話に乗り出した北朝鮮の意図、交渉姿勢とともに包囲網の効果についても、韓国は米国、日本とも連携し分析しつつ、今後の交渉戦略を練りたい。再び始まった、この南北対話を非核化につなげる第一歩としなければならない。
 核・ミサイル問題と共に日本の懸案である拉致問題も、対話なしには解決できない。
 北朝鮮の対話を、いかにして広げさせていくか。日本は米国と共に韓国を支え結束しながら、そうした道をも探る必要があるのではないか。