この国の外交はやはり、したたかと言うほかはない。
 4月に韓国と、5月末までに米国と首脳会談が開かれる見通しとなる中、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、最高指導者として初の外遊先に選択したのは中国だった。電撃訪問し、習近平国家主席と会談していた。
 長く「血盟」関係にありながら、度重なる核実験・ミサイル発射で冷却していた関係の修復を効果的に演出。外交環境を一気に改善し、国際的な孤立状態から脱却を図る狙いがあるとみられる。
 南北、米朝会談を前に、特にトランプ政権がタカ派色を強め、会談の難航・決裂も予想される。北朝鮮にとっては、朝鮮半島問題の対話による解決を堅持し続ける中国という大きな「後ろ盾」が必要だったのではないか。
 一方、中国には朝鮮半島問題で蚊帳の外に置かれかねないとの焦りがあった。米国が通商面で攻勢をかける中、北朝鮮への影響力を回復し、主導的立場で対米協調姿勢を示せる「北朝鮮カード」を再び手にする、そうした思惑が透けて見える。双方にメリットがあったのは間違いない。
 だが、世界と地域の平和にとって重要なのは、北朝鮮の非核化について、中朝首脳会談で何が話し合われたかだ。
 中朝両国の国営メディアによると、金氏は「朝鮮半島の非核化実現に尽力する」と意欲を示したという。
 ただし問題解決の条件として挙げたのは「米韓両国が善意でわれわれの努力に応え、平和と安定の雰囲気をつくりだす」こと。いわば米韓双方に「行動」を求めた形だ。
 だが「非核化」を口にしながら、実現に向け、自らどんな道筋を描いているのか。そのことは、今回も語られなかったようだ。少なくとも国営メディアは報じていない。
 金氏が、そして金氏が非核化の意思を示さない限り首脳会談には応じないとの立場を維持してきた習氏が、非核化問題を巡り何に言及し、どんな意見の交換があったのか。
 日米韓は、中国に詳しい説明を求めるとともに、互いに連携を密にし、中朝首脳会談に関する情報収集・分析に当たらなければならない。
 懸念されるのは、日米がその経済制裁効果で北朝鮮を対話の場に引きずり出したと評価する「国際包囲網」が緩むことはないかということだ。
 中国は、その制裁を決議した国連安全保障理事会常任理事国であり、いわば制裁の主役である。北は今、経済封鎖に近い状態に追い込まれている。中国との関係を修復することで、食糧支援や大規模な経済協力を引き出す狙いがあったことは想像に難くない。
 中国はどう応えたか。しっかりと状況を把握したい。
 北朝鮮の完全非核化実現に向けて、国際社会は「最大限の圧力」を堅持しなければならない。中国にも、そうクギを刺しておきたい。