人気アニメ「プリキュア」(ABC・テレビ朝日系)シリーズの劇場版「映画プリキュアドリームスターズ!」の初日舞台あいさつが18日、東京都内で開かれ、女優の福原遥さんらアニメ「キラキラ☆プリキュアアラモード」の声優陣があでやかな着物姿で集結。福原さんは「(劇場版を見て)泣いた方いますか?」と観客に質問し、手が挙がると「心がキレイなんですね。私たちもアフレコしているときから泣きそうになりました」と明かした。

 舞台あいさつには、「キラキラ☆プリキュアアラモード」の声優を務める美山加恋さん、村中知さん、藤田咲さん、森なな子さん、劇場版アニメで京言葉を話す狐・シズクの声を演じる女優の木村佳乃さんが出席。美山さんは「歴代プリキュアはすごい作品ばかり。『キラキラ☆プリキュアアラモード』も最高に面白かったといわれるよう、私も応援したい」とあいさつ。森さんも「プリキュアは友情、絆など大事なことを教えてくれる映画。たくさん見ていただきたいです」とアピールした。

 今回の劇場版は、「魔法つかいプリキュア!」「GO!プリンセスプリキュア」と、放送中の「キラキラ☆プリキュアアラモード」の3世代、12人のプリキュアを中心としたストーリー。伝説のパティシエ・プリキュアに変身するスイーツが大好きな中学2年生・いちか(美山さん)らが、「鴉天狗(からすてんぐ)」に連れ去られたキツネのシズクを取り返そうとする異世界の謎の少女・サクラを助けるために奮闘する姿が描かれる。

MANTANWEB