アイドルグループ「AKB48」の49枚目のシングルを歌う選抜メンバーを決める「第9回AKB48選抜総選挙」が17日に開票され、HKT48の指原莉乃さんが3年連続4度目の女王に輝き、前人未到の3連覇を達成した。今年で最後の総選挙と公言していた指原さんは、首位争いを演じてきたAKB48の渡辺麻友さんと抱き合い、健闘をたたえ合った。

 渡辺さんは2位に入り、ステージ上で年内いっぱいでの卒業を発表。渡辺さんへのメッセージを求められた指原さんが「麻友ちゃん、えっと……」と言葉をかけようとすると、渡辺さんはこらえきれず涙。

 指原さんは「今は正直すごくショックで、言葉になりません」と涙声で語り、「ずっと頑張ってくれた麻友ちゃんがいなくて、どうなるかわからないけど、ドラマをやってる麻友ちゃんがすごく楽しそうで、このまま進むんだろうなと思って、麻友の判断を応援したいと思います。頑張ってね」とエールを送ると、イベントの司会を務めた徳光和夫さんに勧められ長々と抱き合った。

 「AKB48選抜総選挙」は、シングルの選抜メンバーをファンによる投票で決定する年に1度のイベント。9回目の今年は総勢322人が参加し、上位80人を選出。この日の開票は、雷注意報が発表された影響で、当初予定されていた沖縄県豊見城市の豊崎海浜公園・豊崎美らSUNビーチでの開催が中止され、屋内の別会場で観客を入れずに行われた。 

MANTANWEB