アイドルグループ「AKB48」の49枚目のシングルを歌う選抜メンバーを決める「第9回AKB48選抜総選挙」が17日に開票され、投票速報(中間発表)で暫定首位に立った前回95位の「NGT48」荻野由佳さんは5位にランクイン。7万3368票を獲得し、初の選抜入りを果たすとともに、“神7”(上位7人)にも入った。荻野さんの主なスピーチ内容は以下の通り。

 投票してくださった皆さん、本当に本当に本当にありがとうございました! NGT48チームN3の“おぎゆか”こと荻野由佳です。私は小学校6年生の頃からAKB48グループに憧れ続けてきました。4年間ずっとオーディションを受け続けてきました。ずっと落選が続き、私はこのまま終わってしまうんじゃないかとあきらめかけていました。そんなときにドラフト会議というものに参加しました。北原里英さん、柏木由紀さん、そして支配人が私をNGT48に選んでくれました。

 そこで一人暮らしで不安もありましたが新潟県に期待を寄せて引っ越しました。家族もすごく不安だったと思います。でも、新潟に来て本当に良かったなって今すごく思います!

 私は落ちこぼれでした。「夢は絶対にかなわない」「『努力は必ず報われる』、そんなものうそに決まってるじゃん」とずっと思ってました。でも、この4年間、どうしてもAKBグループに入りたくて、ずっと一生懸命オーディションに参加しました。そして、速報で1位をもらった時は本当にびっくりしたし、誰もが荻野由佳って誰、なんでこの人なのって思ったと思います。私自身もすごく驚きました。AKB48の総選挙を私が壊してしまったのかと、そう思った時もありました。それでも皆さんからいただいた愛だと思って、受け止めてきました。

 今、憧れていたAKBグループに、総選挙でこんなにすてきな順位をいただけるとは思っていなくて、夢のようです。今まであきらめずにAKBグループのオーディションを受けてきて良かったなと思いますし、応援してくれる皆さんがいてくれて本当に良かったなと思います。

 高橋みなみさんに、努力は必ず報われますかと聞きました、努力は必ず報われるかは分からないけど、努力して意味のないことはないと言われました。そして、「おぎゆかが努力は必ず報われる』を、証明してね」と言われました。私は努力は必ず報われるを、今、証明できていますか?(会場から拍手)

 きっと、この中にも目標があって、たどり着けなくて、挫折もたくさん経験している方もたくさんいると思います。そんな方に、私のキャッチフレーズである「何があってもへこたれない」を皆さんの心で言い聞かせてほしいなと思います。

 本当に本当にいつも応援してくれている皆さんのおかげです。こんな無名の私をここまで、追い上げてくれて、本当に本当にありがとうございます。そして、私をアイドルにしてくれてありがとうございました!

 この結果を必ず、デビューした2年目のNGT48につなげたいし、恐縮ですがAKBグループのためにも頑張りたいし、頑張らせてほしいです。私に任せたと言ってもらえる存在にはまだまだ遠いとは思いますが、一生懸命これからも頑張りますので、応援よろしくお願いします。

 ◇

 荻野さんは1999年2月16日埼玉県生まれのA型。NGT48チームN3の副キャプテンも務めている。好きな言葉は「努力は必ず報われる」という前グループ総監督の高橋みなみさんの名言で、前回の総選挙では95位に入っており、公式ガイドブック(講談社)では、目標順位を48位以内としていた。5月31日発表された速報では唯一の5万票超えで、主要メンバーを圧倒して首位に立っていた。

MANTANWEB