アイドルグループ「HKT48」の指原莉乃さんが17日、アイドルグループ「AKB48」の49枚目のシングルを歌う選抜メンバーを決める「第9回AKB48選抜総選挙」で3年連続4度目の女王に輝き、イベント後に会見した。同イベントへの出場は今回が最後と公言していた指原さんは「ラストの総選挙、最高の形で気持ちよかった」といい「私の総選挙人生、まったく悔いはありません。幸せな総選挙人生でした」と晴れやかな表情を見せた。

 さらに「私は、総選挙がなかったら(今の活躍は)なかったと思う。改めて秋元康さんに感謝しています」と話し、3連覇への自信は「まったくないと言ったらうそになる(笑い)。バラエティーなどを見て応援してくれるファンが頑張ってくれると思っていた」と明かした。

 2位になった「AKB48」の渡辺麻友さんがグループ卒業を発表したことについては「昨日、麻友からLINEが来た。卒業するとは聞いていませんでしたが。麻友ちゃんがドラマとかで頑張っているのを知っているので(卒業後も)頑張ってほしい」とエールを送りながら、「でも、(渡辺さんが抜けて、グループとして)この先、どうすればいいのか……」と胸の内を明かした。

 自身の卒業について聞かれると「卒業の“そ”の字も考えていません(笑い)」とにっこり。「来年(の総選挙)は、スタジオMCとかやりたい。宮根誠司さんと」と明るく話していた。

 「AKB48選抜総選挙」は、シングルの選抜メンバーをファンによる投票で決定する年に1度のイベント。9回目の今年は総勢322人が参加し、上位80人を選出。指原さんが過去最多だった昨年の24万3011票を上回る24万6376票を獲得し、3年連続4度目の女王に輝き、前人未到の3連覇を達成した。

MANTANWEB