タレントのベッキーさんが19日、東京都内で開かれた映画「JKニンジャガールズ」(佐藤源太監督)の完成披露試写会に登場した。芸能活動再開後、初の映画出演となったベッキーさんは「大阪忍者オヤジーズ」の“鬼教官”役の衣装で網タイツをはいたセクシーな姿を披露した。

 ベッキーさんは、ムチでセットを壊したエピソードを暴露された後で、今回の出演について「お話をいただいたときはとにかくうれしくて、これは気合を入れなくちゃと思って臨みました」と説明。「だからムチでたたいて(気合を入れすぎて)セットを壊しちゃった」と話して観客を笑わせた。

 「JKニンジャガールズ」は、ある女子高を舞台に日夜東京の平和を守る忍者の末裔(まつえい)・JKニンジャガールズと大阪の“ニセニンジャガール”ことなにわニンジャガールズの争いを描くコメディー。アイドルグループ「こぶしファクトリー」の初主演映画で、7月17日に公開される。

MANTANWEB