俳優の本郷奏多さんが15日、東京都内で開かれた劇場版アニメ「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」(湯山邦彦監督)の初日舞台あいさつに登場した。ポケモンファンの本郷さんは冒頭のあいさつで、持参したゲーム機を取り出して見せ、「みなさんは(来場者特典のポケモン)『マーシャドー』を受け取りましたか? 僕は初日にどうしても欲しかった。壇上でゲットしたのは僕しかいない」と明かし、観客から拍手を浴びた。

 また、この日の舞台あいさつで、古田新太さん、中川翔子さん、山寺宏一さん、松本梨香さん、湯山監督と共にテレビアニメの主題歌「めざせポケモンマスター」を歌った本郷さんだったが、歌唱後にMCから「いかがでしたか?」と歌の感想を求められると、「私ですか? 私は『マーシャドー』をゲットできたのでテンションは上がっております」と真顔で回答。本郷さんの“本気度”に中川さんは「初日に駆けつけたポケモン(ファン)ガチ勢のお兄様」と笑顔で突っ込んでいた。

 今回の劇場版の来場者には、ゲーム機とソフトを持参すると、特別なポケモンをその場でダウンロードできる特典があり、原作ゲームの「ポケモン」シリーズをほとんどプレーしているという本郷さんは、舞台あいさつでも「20年前からゲームもやってきた大好きな作品」とファンであることを公言していた。

 「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」は、人気ゲーム「ポケットモンスター」が原作の劇場版アニメシリーズ最新作。テレビアニメの放送開始20周年を記念した作品で、サトシとピカチュウの出会い、20年前に放送された初回放送のラストで、伝説のポケモン・ホウオウに「いつか、会いに行こうぜ!」と、サトシとピカチュウが誓った約束の続きが描かれる。

MANTANWEB