女優の高畑充希さんが、13日に最終回を迎える連続ドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ系)の撮影現場で、10月スタートの「奥様は、取り扱い注意」主演の綾瀬はるかさんとともに「水曜ドラマ」枠(水曜午後10時)のヒロインバトンタッチセレモニーを行った。高畑さんはドラマの撮影を振り返り、「あっという間でした。めちゃくちゃ楽しかったです」と充実した表情で、「台本が来るのも楽しみだったし、現場に行くのも楽しみだった。一生忘れないと思います」と笑顔を見せた。

 「過保護のカホコ」は、「家政婦のミタ」「○○妻」の遊川和彦さんが脚本で、就職間際の21歳にして生活のすべてが親任せという“純粋培養人間”の女子大生・カホコ(高畑さん)が、自分とは正反対の環境で育った青年・初(竹内涼真さん)と出会って成長していくホームドラマ。

 主役のカホコについて、高畑さんは「かなり変わった方だった……」と苦笑。「最初はどうしよう、どうやればいいんだろうって思ったんですけど」と戸惑いがあったことを明かしつつ、「1、2、3話とやっていくうちに、役のことが好きになって……。こんなに愛せるキャラクターに出会えたのはすごくラッキーでした」と語った。また、「街中でも『おい、カホコ!』と言われるようになって。呼び捨てなんだ(と思った)……」と苦笑いで反響を明かしつつ、「すごくいい時間でした」と笑顔で振り返った。

MANTANWEB