女優の夏帆さんと俳優の染谷将太さんが11日、東京都内で行われたWOWOWの連続ドラマ「予兆 散歩する侵略者」の完成披露試写会に登場した。公開中の映画「散歩する侵略者」(黒沢清監督)のスピンオフで、この日はドラマでもメガホンをとった黒沢監督も参加。夏帆さんは「“黒沢組”は初めてで、とにかく緊張した。“黒沢組”にずっと憧れていて、一つの目標でもあったので、初日はずっとふわふわしていました」と明かした。

 黒沢監督の現場は、どんなにタイトな撮影スケジュールでも「てっぺん(深夜0時)を超えない」と言われ、本ドラマでも「午後6時上がり」だったといい、染谷さんは「最高ですよ。晩飯が家で食べられる」とにやり。黒沢監督が「社会人として当たり前。普通ですよ」とおどけると、夏帆さんも「こんな現場あるんだってびっくりしました」と笑っていた。

 「散歩する侵略者」は、劇作家の前川知大さんが手がけた人気舞台を映画化した作品で、主人公の加瀬鳴海(長澤まさみさん)の夫・真治(松田龍平さん)が数日間の行方不明の末に「侵略者」に乗っ取られて帰ってくる……という内容。スピンオフドラマは、不可解な出来事に巻き込まれていく女性・山際悦子(夏帆さん)を主人公に、映画のアナザーストーリーを新たな設定、キャストで描いていて、悦子の夫・辰雄役で染谷さん、新任外科医の真壁司郎役で東出昌大さんが出演している。

 夏帆さんは黒沢監督の演出について、「現場で監督の演出意図が分からないってことはなかった。分かりやすく丁寧に演出してくださった。常に現場では悩むタイプなので、監督の演出は的確だった」と振り返っていた。

 ドラマはWOWOWプライムで9月18日から毎週月曜深夜0時放送。全5話で第1話は無料放送される。

MANTANWEB