今年7月に宝塚歌劇団を退団した元雪組トップスターの早霧(さぎり)せいなさんと、トップ娘役の咲妃(さきひ)みゆさんが11日、東京都内でWOWOWの番組「宝塚への招待『La Esmeralda』-早霧せいな×咲妃みゆ 副音声解説付-」の公開収録を行った。早霧さんと咲妃さんが出演した公演「La Esmeralda」を放送する番組で、この日2人は同番組の副音声を収録。2人が公の場に登場するのはこの日が退団後初といい、早霧さんは「退団してまだ1カ月半なので(咲妃さんは)変わってないです。ホッとしました」と語った。

 早霧さんは退団後自分のペースで生活を送っていると語り、「(宝塚の)現役時代にはギリギリまで寝る派だったのに、退団翌日から決まった時間にパチッと目が覚めている。どれだけ(宝塚の生活が)イヤだったんだろう」と冗談を飛ばして、観客を笑わせていた。

 退団後の初仕事でもあったという早霧さんは、今回放送される自らが出演したラテンショーについて「2年前のことなので、思い出のように語れる。そして宝塚の舞台って良いなと。現役時代にギラギラして頑張っている姿を思い出しました」と振り返った。咲妃さんも退団後の生活について「新鮮ですね。(宝塚時代に)けいこに入ったら夜まで外に出ることはなかったので」と語っていた。

 公開収録では、早霧さんと咲妃さんが、動きの激しい「La Esmeralda」のポイントを解説したり、感想をつぶやいた。咲妃さんは早霧さんに「このショーをもう一度やれますか?」と尋ねると、早霧さんは「絶対に嫌だ」と即答して、観客の笑いを誘っていた。

 早霧さんと咲妃さんは「ちぎみゆ」コンビと呼ばれた元雪組トップスター。2014年10月に「『伯爵令嬢』-ジュ・テーム、きみを愛さずにはいられない-」で同時にトップとしてお披露目され、宝塚103年の歴史で初めて大劇場公演全日程を、トップ就任から5作品連続で満員にさせた記録を持っている。

 「宝塚への招待『La Esmeralda』-早霧せいな×咲妃みゆ 副音声解説付-」は、WOWOWライブで30日午後7時から放送される。また同日午後6時からは、早霧さんの卒業記念ロケの模様などを収録した番組「宝塚プルミエール 早霧せいな退団スペシャル」が放送される。

MANTANWEB