声優の堀内賢雄さんが21日、東京都内で行われたアニメ「鬼平」のブルーレイディスク(BD)&DVD発売記念イベントに登場。同アニメで主人公・長谷川平蔵(鬼平)を演じた堀内さんは「役が決まった瞬間、(プレッシャーより)皆さんと一緒に鬼平を作れるんだという喜びがいっぱいだった」と当時の心境を語った。

 アフレコ本番では、なかなか監督からOKが出なかったといい、「毎回スタジオに行くのが快感になりました。僕のマゾの部分が開花されました」とちゃめっ気たっぷりに話し、「監督が『賢雄さん(の演技)が出れば、絶対いい』と言ってくれたので、僕の役者人生を信じてスタジオに向かった。OKをもらうのがすごく快感で、できあがったものを見るのも快感だった。快感の鬼平でした」と振り返っていた。

 この日のイベントは「鬼平-ONIHEI-ナイト」と題して、同アニメの人気エピソード4作品を上映。また、堀内さんのほか、平蔵を慕う女性密偵・おまさ役の朴ロ美さん、平蔵を狙う刺客・金子半四郎役の関智一さん、平蔵の妻・長谷川久栄役の岩男潤子さんらも登場し、収録秘話を語った。

 「鬼平犯科帳」は、江戸の治安を守るため、凶悪な盗賊を時には非情な手段で取り締まり、“鬼の平蔵”と恐れられた火付盗賊改方長官の長谷川平蔵と、密偵と呼ばれる元盗賊らの活躍を描いた時代小説。1967年に「オール讀物」(文藝春秋)に第1作が発表されて以来、90年まで全135作と番外編1作が発表され、累計発行部数は約2700万部を誇る。アニメは、同シリーズが2017年に誕生50周年を迎えることを記念した企画で、1~4月にテレビ東京ほかで放送された。BDボックスは2万7000円(税抜き)、DVDボックスは2万5000円(同)で発売中。

MANTANWEB