お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんの芥川賞受賞作を映画化した「火花」(板尾創路監督)の主題歌を、ダブル主演を務める俳優の菅田将暉さんと桐谷健太さんが歌うことが27日、明らかになった。デュエットしている曲は、ビートたけしさんが作詞・作曲を手掛けた名曲「浅草キッド」で、同日に公開された最新予告編では2人の熱唱も収録されている。

 菅田さんは「なんてぜいたくなんだと思うとともにすごくワクワクした」といい、桐谷さんは「ビートたけしさんの名曲を歌うと聞いて本当にうれしかった。関西人の2人が、東京の芸人さんの歌を歌うというのも感慨深いです」と語っている。

 「火花」は、売れない若手芸人の徳永(菅田さん)が、天才肌の先輩芸人・神谷(桐谷さん)と電撃的に出会い、師弟関係が始まるが、徳永が少しずつ売れていくに従い、相変わらずの生活を続ける神谷との関係に変化が生じる……というストーリー。主題歌は「『浅草キッド』で映画のラストを飾りたい」という板尾監督の要望で、「2年前に火花を監督することが決まったときから、頭の中に『浅草キッド』がすでにあって、この曲ありきで脚本を作りました」と明かしている。

 レコーディングで桐谷さんと向かい合ったとき、「徳永と神谷の関係性を思い出して熱い気持ちになれました」と話す菅田さんは、「歌詞の中にある『いつか売れると信じてた……』という箇所は、芸人さんはもちろん、我々にも通じる部分があるフレーズだと思います。エンドロールで流れる僕らの主題歌を楽しみにしていただければと思います」とメッセージを送った。桐谷さんも「ビートたけしさんが作られた曲なので自分の持っているものを全部出し切って飛び込んでいきました。一緒に歌っているとどんどん流れができていく感じなので、一曲通して楽しんでいただきたいです」と呼びかけている。

 映画「火花」は11月23日に公開される。

関連動画

MANTANWEB