俳優の綾野剛さん主演の医療ドラマ「コウノドリ」の新シリーズ(TBS系)が13日、スタートする。「モーニング」(講談社)で連載中の鈴ノ木ユウさんの人気マンガが原作で、綾野さんが産婦人科医と天才ピアニストの二つの顔を持つ主人公・鴻鳥(こうのとり)サクラを再び演じる。

 ドラマは2015年10月期に放送され、鴻鳥サクラを軸に、医療だけでなく、赤ちゃんや妊婦、その家族にまつわる物語が展開された。今回の新シリーズは、前作の2年後を舞台に「生まれること、そして生きること」というテーマで、原作のエピソードをベースにオリジナルで取材した題材を加えて描く。前回から引き続き、松岡茉優さん、吉田羊さん、坂口健太郎さん、星野源さん、大森南朋さんらが出演。また、新たに佐々木蔵之介さん、宮沢氷魚(ひお)さん、松本若菜さんらも出演する。

 第1話は15分拡大で放送される。ペルソナ総合医療センターで働く鴻鳥サクラの元に、ろうあ者の妊婦・早見マナ(志田未来さん)が診察に訪れる。夫の健治(泉澤祐希さん)も付き添いで来ていたが、健治も耳が聞こえない。医療用語は手話や口唇術では伝えるのが難しいため、ホワイトボートを使い筆談で伝えることに。

 一方、産婦人科医の四宮(星野さん)は早く仕事に復帰したいキャリアウーマンの妊婦・佐野彩加(高橋メアリージュンさん)を診察。彩加の赤ちゃんは、「心室中隔欠損」と呼ばれる心臓に小さな穴があく疾患にかかっていることが分かり、彩加は激しく動揺する……という展開。ドラマは13日から毎週金曜午後10時放送。

MANTANWEB