女優の川栄李奈さんが、劇場版アニメ「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」(トラビス・ナイト監督、11月18日公開)の日本語吹き替え版で声優を務めることが18日、明らかになった。川栄さんは、恐ろしい風貌と迫力で主人公のクボを襲う“闇の姉妹”を演じる。また、他の日本語吹き替えキャストとして、クボ役を矢島晶子さん、クボの仲間となるクワガタ役を「電気グルーヴ」のピエール瀧さん、同じくクボの仲間となるサル役を田中敦子さん、月の帝役を羽佐間道夫さんが演じることも発表された。

 「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」は、「ティム・バートンのコープスブライド」「コララインとボタンの魔女」などのスタジオライカが日本を舞台に描くストップモーションアニメ。闇の力によって家族を亡くし、三味線の音色で折り紙を操るという不思議な力を持つ少年・クボが、サル、クワガタを仲間にし、家族の敵を討とうとする……というストーリー。

 川栄さんは「普段からアニメを見るのが大好きなので、オファーをもらったときには大喜びしました! 声のお芝居の経験が少ないので緊張しましたが、楽しく演じさせてもらいました。初めて、ここまで直球の悪役だったので、自分なりの“怖さ”や“恐ろしさ”を頑張りました。元々ホラー映画が大好きなので、怖いキャラ自体はとってもテンションが上がりました!」とコメントを寄せている。

 また、ピエール瀧さんは「オファーはとにかくうれしかったです。日本文化の描写が本当に素晴らしいです。入念な日本の研究によって、細部まで丁寧に日本を再現しています。素直に日本人には絶対見てほしい作品だと思っています。ライカにしかできない魔法を、今回の『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』で体験できます」と語っている。
 

MANTANWEB