女優の深田恭子さんが主演を務める1月スタートの連続ドラマ「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系)に、高橋メアリージュンさん、平山浩行さん、高畑淳子さん、伊藤かずえさんが出演することが、このほど明らかになった。高橋さんと平山さんは“子供がほしくない女性とバツイチ男性のカップル”という役どころを演じる。

 ドラマは、「ラスト・シンデレラ」(同局系)などを手掛けた脚本家、中谷まゆみさんのオリジナルストーリー。深田さん演じる主人公の奈々は、スキューバダイビングのインストラクターで活発な妻。奈々の夫で中堅玩具メーカーに勤める大器(松山ケンイチさん)は、優しいが、ちょっと頼りない夫。2人は小さなアパートで住宅購入のための資金をためながら生活を楽しんでいたが、さまざまな家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅“コーポラティブハウス”を購入したことをきっかけに、子作りをスタートさせる。ところが簡単には子供を授からず、夫婦は子供を作ることがどんなに大変かを痛感しつつも、妊活に立ち向かい、個性的な隣人たちなど周囲が起こす騒動に巻き込まれていく……という内容。

 高橋さんは一生子供を持つ気がないネイリスト・杉崎ちひろ役、平山さんはバツイチのスタイリスト・川村亮司役で、コーポラティブハウスに住む婚約中のカップルという役どころ。高畑さんは大器の母・五十嵐聡子を、伊藤さんは奈々・大器夫婦が診察を受けることになるクリニックの敏腕医師・片岡を演じる。

 高橋さんは「私が演じる杉崎ちひろがなぜ子供が欲しくないとそこまで強く思ってるのかに興味を持ってもらえたら。何が正解とかはないと思うので、役の心に寄り添って彼女なりの答えと幸せを見つけれたらなと思います」と役について語り、平山さんは「家族の形というのはそれぞれありますが、視聴者の方々に楽しんで見ていただけるように一つの家族を表現できたらと思います」と意気込んでいる。

 高畑さんは「人と関わりたくない現代人が、時代と逆行するかの様に、人と関わらずにはいられない、現代版・長屋?のようなコーポラティブハウスで暮らすさまが面白いです」、伊藤さんは「婦人科医役を演じるのは初めてです。なかなか予約が取れない評判のよい婦人科医という役柄なので、親身であたたかく、患者に寄り添う優しさが出せればと思っています」とそれぞれコメントしている。ドラマは、18年1月から毎週木曜午後10時放送。
 

MANTANWEB