元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが、15日発売の「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)11月15日発売号で、2日から5日まで72時間にわたり生配信した特別番組「稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」(AbemaTVで)について語っていることが分かった。番組配信から数日後に行われた緊急インタビューで、フィナーレの72曲メドレーで見せた“涙の真相”にも言及している。

 稲垣さんは「皆さん大変なスケジュールの中、来てくださって、応援してくれているゲストの方、視聴者の方、スタッフの方、その思いにすごく感激したというか。大勢の方のコメントと、最後の森くん(元SMAPの森且行さん)のコメントには、グッとやられちゃった」と明かしている。

 草なぎさんは「本当に新しい第1歩だったので。3人で72時間の最後にライブをやる、しかもステージに立つのは久しぶりで。やる前はプレッシャーも大きかった。でも、ファンの方の応援を感じたのと、やっぱり皆さんへの感謝の気持ちが大きくて」とコメント。香取さんも「僕は、歌っている最中からグっとくる部分があって。ゲストの皆さんからメッセージVTRもありましたし。この状況で来てくださったゲストの方への感謝をどう返したらいいのかと思っていたのに、コメントをいただいたことも知らなくて」と胸の内を語っている。

 番組は、9月8日にジャニーズ事務所から独立後、3人が初共演し、「ありのまま」「感謝」をテーマに「今までできなかったこと」を実現していく姿やこれからへの思いなどを発信。2日午後9時から72時間にわたって生配信された。 森さん以外にも、三谷幸喜さんや山本耕史さん、山田孝之さん、山崎賢人さん、市川海老蔵さんら豪華ゲストが次々と出演して、話題になった。

MANTANWEB