鈴木央さんが「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の人気マンガが原作のテレビアニメ「七つの大罪 戒めの復活」がMBS、TBSほかで放送中だ。2014年10月にテレビアニメ第1期が放送された後、16年8月には完全オリジナルストーリーのスペシャル版「七つの大罪 聖戦の予兆」が放映された。今回は1年半ぶりの新作。6日放送の初回では、これまでの冒険の軌跡を振り返る「序章」が放送された。

 いまだ人と、人ならざるものの世界が分かれてはいなかった時代。大国のリオネス王国は聖騎士たちに乗っ取られ、横暴によって国民が苦しめられていた。国を追われた王女エリザベスは旅に出て、指名手配された伝説の騎士団「七つの大罪」に助けを求める……というストーリー。テレビアニメ第1期では、団長のメリオダスら「七つの大罪」が王国を奪還するまでの物語が描かれた。今回の第2期では、エスカノールやマトローナ、メリオダスと深い因縁があるゼルドリスら新キャラクターも加わり、さらにスケールの大きな戦いが繰り広げられる。

 メリオダス役の梶裕貴さん、エリザベス役の雨宮天さんをはじめ第1期のキャストが再び集結し、杉田智和さんや佐藤利奈さんらも声優として出演する。「亜人ちゃんは語りたい」などのA-1 Picturesが制作する。

MANTANWEB