俳優の岡田将生さんと女優の木村文乃さんがダブル主演した映画「伊藤くん A to E」(廣木隆一監督)が、12日からTOHOシネマズ新宿(東京都新宿区)で公開される。木村さん演じる女性脚本家が、脚本のネタにしようと「伊藤」という同じ名前の男について悩む4人の女たちの話を聞くうち、4人が語る「伊藤」は同一人物かもしれないと感じ始め……という展開。5人の女性を振り回す自意識過剰で無神経な“痛男(いたお)”の伊藤誠二郎を岡田さんが“怪演”している。

 「伊藤くん A to E」は、「ランチのアッコちゃん」などのヒット作を生み出してきた柚木麻子さんが2013年に発表した直木賞候補作(幻冬舎)が原作。落ちぶれたアラサー脚本家の矢崎莉桜(木村さん)が「伊藤」という同じ名前の男について悩む4人の女たち(【A】~【D】)から切実な恋愛相談を受けながら、ドラマプロデューサーの田村伸也(田中圭さん)にたきつけられて起死回生の脚本のネタにしようとたくらむ。4人の女性が語る「伊藤」は同一人物かもしれないと手応えを感じ始めた矢先、莉桜の思惑は打ち砕かれ……という異色の恋愛ストーリー。

 4人の女性は佐々木希さん、志田未来さん、夏帆さん、池田エライザさんが演じている。そのほか中村倫也さん、田口トモロヲさんらが出演。昨年8月からMBS・TBSで放送されたドラマ版では、最終回まで伊藤くんが姿を見せず、誰が演じるのか話題を呼んでいた。

 映画版では岡田さんが演じる伊藤くんが大活躍。前半は、伊藤くんと5年付き合っていると思っていたが貢がされて捨てられる「都合のいい女」の智美(佐々木さん)、伊藤くんからストーカーもどきに追いかけられる「自己防衛女」の修子(志田さん)、3年も伊藤くんに片思いしていたが「重い」といわれてフラれ自暴自棄になる大学院生の実希(夏帆さん)、親友の実希が思いを寄せる伊藤くんを奪おうとする聡子(池田さん)の4人のエピソードが展開するが、各場面で自意識過剰で傍若無人、時に幼稚にすねたりする伊藤くんの対応にイラッとさせられる。

 ただ見ていると、嫌悪感を抱きながらも、伊藤くんが次にどういう反応をするのかワクワクしている自分もいて、思わず最後は莉桜と伊藤くんがどう対峙(たいじ)するのか楽しみになっていた。撮影中は、各女優が伊藤くんと対峙するシーンのカットがかかると、伊藤くんに対して(決して岡田さんに対してではなく)「気持ち悪い」とつぶやき、眉をひそめていたというが、伊藤くんを乗り越えた5人の女性の晴れやかな表情に、こちらもスカッとした気分になった。さて、伊藤くん自身の結末は……映画館で確認してほしい。(細田尚子/MANTAN)

関連動画

MANTANWEB