写真特集

2018年東北の祭り(1~2月)

60/169
<出初め式>宮城県白石市消防出初め式が、同市のホワイトキューブであった。市消防団の8分団から580人が参加し、地域の防災力を担う決意を新たにした。階子隊の35人が、伝統のはしご乗りを披露。高さ約8メートルのはしごに4人が代わる代わる命綱なしで登り、さまざまな妙技を繰り出した。「火の用心」と書かれた垂れ幕を下げ、火災予防を呼び掛けた。はしごの上で次々と大技を繰り出した団員=2018年1月8日、宮城県白石市

写真特集

一覧を見る