女優の土屋太鳳さんが13日、蒲田女子高等学校(東京都大田区)で行われた映画「PとJK」(廣木隆一監督)春のスペシャル交通安全イベントにサプライズ登場。土屋さんはひざ上丈の水色のワンピースにネックストラップ付きのピンヒールサンダルという春らしいファッションで、ワンピースはカットアウェイ・ショルダータイプに花柄の刺繍(ししゅう)があしらわれていた。

 イベントには人気グループ「KAT-TUN(カトゥーン)」の亀梨和也さんも登場し、全校集会として体育館に集まった女子生徒300人から割れんばかりの大歓声が上がり、土屋さんにも「可愛い!」と声が飛んだ。3年前まで女子高生だった土屋さんは「現役のパワーというか、エネルギーを感じています」とにっこり。また生徒からのリクエストを受け、劇中のプロポーズシーンを再現し、会場を沸かせた。

 「PとJK」は、三次マキさんが月刊少女マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で2013年から連載している恋愛マンガが原作。土屋さん演じる恋愛初心者の女子高生・本谷歌子(カコ)は、亀梨さん演じる警察官の佐賀野功太と出会う。カコは男らしい功太に引かれ、2人の恋愛がスタートするが、職務上、軽々しく女子高生と付き合うことができない功太は、いきなりカコにプロポーズする……というストーリー。

 「ストロボ・エッジ」などの廣木監督がメガホンを取り、歌子の同級生で札付きの不良ながらも実は優しい心を持っている大神平助役で高杉真宙さん、歌子の親友矢口三門役で玉城ティナさんも出演している。25日から公開。

毎日キレイ