仙台放送の元アナウンサーで、今年4月からフリーに転身した木下瑠音(るね)さん。局アナ時代は報道番組がメインで、「みんなのニュース」では看板キャスターとして活躍してきた。現在は、「AbemaNews」のキャスターを担当する傍ら、映画やマンガ関連のイベントの司会業もこなす木下さんに、美容や健康の習慣やスタイル維持のため実践していることを聞いた。

 木下さんは1989年12月3日生まれ、富山県出身。2013年に仙台放送に入社し、報道・ニュース番組をメインに活躍。4年間過ごした仙台は「少し車を走らせれば温泉街もあったりして、空気もきれいでご飯もおいしい。流れる時間も東京に比べればゆったりとしているので私には合っていた」と振り返る。

 とはいえ報道の現場では「秒単位で時間に追われていたので、飲むように食べ物をとっていて、胃下垂になってしまったんです」と明かすと、「それで食べるとすぐにおなかが出るようになって……。だから今は縄跳びとフラフープを買って、毎日やっています」とほほ笑む。

 「縄跳びはカロリー計算もしてくれるもので、フラフープはトレーニング用の内側に凹凸があって重さがあるものを使っていて。好きなアニメやラジオ番組が大体30分くらいだから、それを見ながら聴きながらやるのが日課です」と話す。

 また体質的に「片頭痛持ち」という木下さんだが、体調の変化が見た目に出ないようにするのもアナウンサーとして大きな仕事の一つ。「最近はとにかく保湿に気を使って。あとは家に帰ったらすぐメークを落として、肌を休めることを徹底しています」と言い、「今は仙台放送にいたころに比べて、仕事のルーティンがきちんと決まっていない分、うまく時間を調整して。変に長時間、寝過ぎないとか、いろいろと考えながら生活をするようにしています」とも語った。

毎日キレイ