1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(6月29日~7月5日)は、星野源さんが連続ドラマの主題歌を担当するニュース、星野さん主演の連続ドラマの完成披露試写会が開催される話題、山崎育三郎さんが初主演する連続ドラマのテーマソングを担当するニュース、活動を再開したボーカルデュオ「CHEMISTRY(ケミストリー)」の堂珍嘉邦さんが“仮面ライダー”に出演するニュースなどが注目された。前後編で取り上げる。

 星野さんが、12日にスタートする高畑充希さん主演の連続ドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ系、水曜午後10時)で主題歌を担当することが6月30日、明らかになった。タイトルは「Family Song」(8月16日発売)で10作目のシングル曲。星野さんがドラマの主題歌を担当するのは、ヒットした新垣結衣さん主演の連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」(TBS系)の「恋」以来。星野さんは「脚本を読ませていただき、家族をテーマにしたソウルミュージックにしたいと思いました」と明かしている。

 星野さんは「『家族とは何ぞや』とぐるぐる考えながら作詞をし、楽曲はバンドメンバーに朝まで付き合ってもらい、細かくこだわりながらレコーディングしました」と曲作りのエピソードを語った。また、ドラマについても「(5月にNHK総合で放送された)『おげんさんといっしょ』では家族だった高畑充希ちゃんが主演のドラマ、とても楽しみです。主題歌も聴いていただける日を楽しみにしております」とコメントを寄せている。

 星野さんが主演するWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」の完成披露試写会が、7月31日に東京都内で開催されることが6月30日、明らかになった。試写会では第1話が上映されるほか、星野さんや石田ゆり子さんらキャストによるトークショーも行われる予定。同ドラマのサイトで参加希望者からの応募を受け付けている。

 ドラマは「ストロベリーナイト」などで知られる作家・誉田哲也さんの小説が原作で、“訳あり”な人たちが住むシェアハウスを舞台に、さまざまな過去を背負う厄介者たちの人間ドラマを描くエンターテインメントミステリー。星野さんは、32歳のさえない営業マン・貴生を演じる。8月12日から毎週土曜午後10時放送。全5話で、第1話は無料放送。

 山崎さんが、主演を務める連続ドラマ「あいの結婚相談所」(テレビ朝日系)のテーマソングを担当することが7月2日、明らかになった。テーマソングは「Congratulations」と「あいのデータ」の2曲で、劇中で山崎さん演じる藍野真伍がドラマのストーリーにリンクした形で披露する。ピアノの弾き語りや華麗なダンスとともに歌い上げるシーンなども登場するという。山崎さんがドラマのテーマソングを担当するのは初めて。

 今回の楽曲について山崎さんは「ドラマの流れの中で藍野が歌っていたり、カップルを祝福するときに披露されます」といい、「レコーディングのときには(演じる)藍野としての気持ちも込めて歌いましたが、新しいウエディングソングの定番楽曲として広まってくれたらうれしいです」とコメントしている。

 ドラマは2010~16年に「ビッグコミックオリジナル増刊号」(小学館)で連載された矢樹純さん原作、加藤山羊さん作画のマンガが原作。山崎さんが演じる藍野は、元動物行動学の准教授で結婚相談所「あいの結婚相談所」の所長という役どころ。動物行動学の研究を生かしたカウンセリングで、ワケあり男女たちを結婚に導いていく。28日から毎週金曜午後11時15分に放送。

 堂珍さんが、人気特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」(テレビ朝日系)の劇場版「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」(8月5日公開)に謎の忍者ライダー「仮面ライダー風魔」に変身する南雲影成(なぐも・かげなり)役で出演することになり、ビジュアルが7月2日、公開された。

 「仮面ライダーエグゼイド」は、平成仮面ライダーシリーズの18作目。主人公の宝生永夢ら若きドクターたちが仮面ライダーに変身し、謎の“ゲームウイルス”と戦う姿を描いている。劇場版は、現実の世界を滅ぼして、VR(仮想現実)空間での支配をもくろむ忍者軍団が登場し、“真のエンディング”が描かれる。

毎日キレイ