女優の広瀬すずさんが11日、東京都内で行われた主演劇場版アニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」(新房昭之総監督、8月18日公開)の製作報告会見に登場した。広瀬さんは、ボディーや袖、スカートにレースが入った白のロングワンピースに、黒のサンダルという、爽やかな印象のシンプルなコーディネートだった。

 会見には、広瀬さんのほか、共演の菅田将暉さん、宮野真守さん、松たか子さん、原作の岩井俊二監督、川村元気プロデューサーも出席。松さんは、シンプルなネービーの半袖トップスと、ウエストのリボンがアクセントになった同じくネービーのワイドパンツに黒のサンダルというエレガントなスタイルだった。

 同アニメは、1993年に制作された岩井監督のテレビドラマが原作で95年には映画化された。今回のアニメ化にあたっては現代的な要素を加え、長編のラブストーリーに仕上げている。とある海辺の町が舞台で、クラスメートたちが花火大会を前に「打ち上げ花火は横から見たら丸いのか?」と盛り上がる中、クラスのアイドル、なずなに思いを寄せる典道は、時間が巻き戻る不思議な体験の中で、なずなから「かけおち」に誘われるが……というストーリー。会見では、DAOKO×米津玄師さんの主題歌「打上花火」が流れる最新予告映像も上映された。

毎日キレイ