女優の広瀬すずさんが9日、東京都内で行われた福山雅治さん主演映画「三度目の殺人」(是枝裕和監督)の初日舞台あいさつに、淡いピンクのロングドレス姿で登場した。シースルー素材を使用した胸元などに透け感のあるドレスで、流行の肩開きデザインも取り入れ、繊細なゴールドの刺しゅうや細かなゴールドのドット柄が入った華やかな装いだった。

 ドレスは襟回りが黒のパイピングで、同素材でウエストマークされたデザイン。黒のリボンタイも付いて、全体の柔らかな色彩を引き締めるような印象。両手の指先も黒のネイルで彩っており、真っ赤なリップと大ぶりな耳飾りで大人っぽく装っていた。

 映画は、是枝監督のオリジナル脚本で描く法廷心理サスペンス。勝ちにこだわる弁護士・重盛(福山さん)が担当することになったのは、死刑がほぼ確実な殺人事件で、容疑者は、二度目の殺人を犯した男・三隅(役所広司さん)。三隅の供述は会うたびに変わり、動機は一向に見えてこない。やがて浮かび上がってきたのは、被害者の娘・咲江(広瀬さん)の存在だった……という内容。この日は、福山さん、役所さん、満島真之介さんも登場した。

毎日キレイ