モデルの河北麻友子さんが、幕張メッセ(千葉市美浜区)で16日に行われた日本最大級のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward(ガールズアワード) 2017 AUTUMN/WINTER」に出演。この秋冬に注目されているベロアやチェック、ニーハイソックスなどトレンド満載のファッションでランウエーを歩いた。

 河北さんはバッグブランド「Samantha Thavasa (サマンサタバサ)」のステージに、ビビッドなピンクのベロア風トップスに、クラシカルな印象の茶系のチェックミニスカート、スカートと同色系のニーハイソックス、厚底のハイヒールシューズというトレンドアイテムを合わせたコーディネートで登場。手には同ブランドのバッグを合わせていた。

 またファッションブランド「titty&Co.(ティティー アンド コー)」のステージに、キャミソールタイプの赤いニットワンピ姿で登場。ワンピースは胸元にフリルが付いたガーリーなテイストで、くすみ系のピンクのトップスとショートブーツといういでたちだった。

 ガールズアワードは2010年5月から毎年2回開催され、今回が16回目。MCは広瀬アリスさんとお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さん、フジテレビの小澤陽子アナウンサーが担当した。マギーさん、河北麻友子さん、トリンドル玲奈さんといった人気モデルや女優ら総勢150人超がショーのモデルを務めたほか、人気アーティストのライブパフォーマンスなどが行われた。

毎日キレイ