女優の有村架純さんが9日、名古屋市内で行われた公開中の映画「ナラタージュ」(行定勲監督)の公開記念舞台あいさつに登場。グリーンを効かせたグレーのトップスに光沢のあるグリーンのプリーツスカート、スエード調のブラウンのショートブーツ、グレーのネイルという秋のフェミニンスタイルだった。

 トップスは、袖口が大きく広がった流行のデザインで、グリーンの花の刺しゅうと、首元や肩口などにあしらわれたフリルがフェミニンな印象。アクセサリーは着けず、髪を後ろでゆるい三つ編みにし、左サイドの髪を一束下ろしてアクセントにしたヘアスタイルで、可愛らしさをプラスしていた。

 映画は、島本理生さんが20歳のときに執筆した恋愛小説(2005年、角川書店)が原作。大学2年生の工藤泉(有村さん)のもとに、高校時代に恋心を抱き、今では忘れようとしていた母校の教師・葉山貴司(松本潤さん)から電話がかかってくる。泉は卒業式の日の、誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていたが、葉山と再会したことで気持ちが募り、葉山も複雑な感情を抱えていた。そんなとき大きな事件が起こり……というストーリー。

毎日キレイ