女優の観月ありささんが「第15回クラリーノ美脚大賞2017」のオーバーフォーティー部門で受賞し、12日に東京都内で行われた表彰式に出席。07年に30代部門で同賞を受賞し、10年ぶり2度目の受賞となった観月さんは、今年注目のチェックを袖に取り入れた黒い超ミニ丈のワンピースに、パープルとイエローのバイカラーのパンプスという装いで、美しい脚を披露した。観月さんが登場すると、その抜群のスタイルと美脚に会場からどよめきが起こり、観月さんは「50歳になっても、この賞をいただけるよう頑張りたい」と3度目の受賞への意欲を見せた。

 授賞式後の会見で、20代部門で同賞を受賞した女優の土屋太鳳さんが「受賞を聞いたときに歴代の方の写真を見ていて、観月さんが10年前とまったく変わりなく、おきれいだなって衝撃を受けました」と語ると、観月さんは「うれしい! 若い方たちが(私のような)体形になりたいって憧れてもらえるように頑張りたい」と目を輝かせた。

 また美脚を保つ秘訣(ひけつ)については「30代より、今の方がスキンケアをしています。マッサージのときに、下から上に向かって拳でぐりぐり(マッサージを)やるとむくみが取れます。お風呂上がりに、タオルで水を拭き取る前にクリームを塗って、そのまま乾燥させると潤うと思います」と明かした。

 美脚大賞は、人工皮革「クラリーノ」などを手がける「クラレ」が03年に設立。「さまざまなシーンで活躍しているすてきな美脚の著名人」を表彰している。今回は、ティーン部門で女優の平祐奈さん、20代部門で土屋さん、30代部門でシャーロット・ケイト・フォックスさん、オーバーフォーティー部門で観月さんが受賞し、授賞式に出席した。

毎日キレイ