1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(10月10~16日)は、綾野剛さんが出演する新CMの放送がスタートした話題、2008年に亡くなった緒形拳さんの孫の緒形敦さんが俳優デビューしたニュース、俳優の小栗旬さんの兄の小栗了さんが演出を手がける音楽イベントの会見に登場した話題などが注目された。前後編で取り上げる。

 綾野さんが出演するジュエリーブランド「AHKAH(アーカー)」のCMの放送が13日からスタートした。綾野さんが恋人と海辺や夜の高層ビルで抱き合うなど、綾野さんの大人の魅力があふれた恋愛映画のような仕上がりになっている。

 CMは海編と旅立ち編の2パターンで、ともに「恋するジュエリー」がテーマ。海編は、交際を始めて数カ月の綾野さんと恋人が海でデートをしている場面が映し出される。綾野さんにプレゼントされたネックレスを指さしながら笑う恋人を見て、綾野さんが改めて恋に落ちるという内容。旅立ち編は、恋人の海外赴任を控えた最後の東京でのデートを描いた。夜景を眺めながら遠くに離れてしまう寂しさを語る恋人を、綾野さんが強く抱きしめる……という展開。

 TBSのミニ番組「じぶんBELIEVER」(毎週金曜午後10時54分)内で全11回放送されるほか、同ブランドのサイトでも視聴できる。

 緒形敦さんは15日、TBS系の連続ドラマ「陸王」(日曜午後9時)で俳優デビューした。両親は俳優の緒形直人さんと女優の仙道敦子さんという“サラブレッド”で、敦さんは「両親、祖父と同じ道を進むことは覚悟がいることでしたが、このような環境の中で育ったことにとても感謝し、僕も全力で俳優として頑張りたいと思います」と決意を語っている。

 「陸王」は、大ヒットドラマ「半沢直樹」や「下町ロケット」の原作者として知られる池井戸潤さんの同名小説(集英社)を、俳優の役所広司さん主演で実写化。埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一(役所さん)が、新規事業への参入を考え始め、足袋製造で培った技術を生かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズを開発しようとする……というストーリー。敦さんは、紘一の長男・大地(山崎賢人さん)の同級生・広樹を演じている。

 小栗了さんは12日、東京都内で行われた、11月18日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される音楽イベント「FANTASIA - EPISODE 1 PRINCESS KAGUYA -」の製作発表会に登場。同イベントの演出を担当する了さんは、「新しい試みで不安もあるが、パフォーマンスの良さをライブで感じてほしい」とアピールした。

 「FANTASIA」は「日本の美」をコンセプトに音楽、ファッション、テクノロジーを組み合わせた新感覚の音楽イベントで、今回が初開催。音楽ライブの合間には「竹取物語」を現代風にアレンジしたショーも行われる。

毎日キレイ