女優の倉科カナさんが、9日に東京都内で開かれた主演を務めるWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 春が来た」の完成披露試写会&舞台あいさつに、真っ赤なワンピースに黒いパンプスというファッションで登場した。ワンピースは、ファッションブランド「CLANE(クラネ)」のアイテムで、マーメード型に広がったすそがフェミニンな印象。髪をアップにして背中のリボンを見せ、華やかに装っていた。
 「連続ドラマW 春が来た」は、向田邦子さんの短編「春が来た」が原作。デパートの下着売り場で働く31歳の独身販売員・岸川直子(倉科さん)は、韓国の男性ダンスボーカルグループ「EXO」のカイさんが演じる韓国人カメラマン、イ・ジウォンと出会い、その日をきっかけにジウォンの存在は直子の家族を少しずつ変えていく……というストーリー。WOWOWプライムで13日から毎週土曜午後10時放送。全5話で初回は無料放送。
 舞台あいさつには、カイさん、高畑淳子さん、佐野史郎さん、河合勇人監督も出席した。

毎日キレイ