「第75回ゴールデン・グローブ賞」の授賞式がロサンゼルスで7日(現地時間)行われ、ケイト・ハドソンさん、サルマ・ハエックさんら女優たちが高級宝飾ブランド「ハリー・ウィンストン」のジュエリーを身につけて出席した。

 この日、女優たちはセクハラに抗議するため、ブラックドレスを着て出席。プレゼンターのハドソンさんは、セクシーなブラックドレスの胸元に同ブランドの「シークレット・ワンダー・ペンダント」を垂らし、耳にはビンテージの「クラスター・ダイヤモンド・イヤリング」、指にはイエローダイヤモンドのリングをきらめかせていた。

 同じくプレゼンターのハエックさんは、タイトなブラックドレスにイエローダイヤモンドを使ったネックレスなど総額5億5000万円を超えるジュエリーを身につけた。ほかにドラマ部門の女優賞にノミネートされたクレア・フォイさん、ヘレン・ミレンさん、ビオラ・デイビスさんらも同ブランドのジュエリーで着飾っていた。

毎日キレイ