「王将」「矢切の渡し」などのヒット曲で知られる作曲家で文化勲章受章者の船村徹(ふなむら・とおる、本名福田博郎=ふくだ・ひろお)さんが16日午後0時35分、心不全のため神奈川県藤沢市の病院で死去した。84歳。栃木県出身。葬儀・告別式は23日午前11時から東京都文京区大塚5の40の1、護国寺で。喪主は作曲家の長男蔦将包(つた・まさかね)さん。
 東洋音楽学校(現東京音大)に進学し、ピアノと作曲を学んだ。ギターの流しなどをしながら曲を作り作曲家デビュー。1955年に出した春日八郎さんの「別れの一本杉」が大ヒットした。