囲碁の人工知能(AI)が出場する、ワールド碁チャンピオンシップの前夜祭は20日、大阪市内のホテルで行われ、国内6冠を保持する井山裕太碁聖(27)と囲碁AIの対戦が23日に決まった。
 同戦は日本、中国、韓国、囲碁AIの代表4者が21日から23日にかけ、総当たり戦で争う。プレーオフがある場合は、24日に行われる。
 各日の組み合わせは次の通り。
 21日 井山碁聖―朴廷桓九段(韓国)、ミ・イク廷九段(中国)―DeepZenGo(AI)▽22日 井山碁聖―ミ九段、朴九段―AI▽23日 井山碁聖―AI、朴九段―ミ九段