大阪地検特捜部は19日、詐欺と補助金適正化法違反の疑いで学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)の事務所や籠池泰典前理事長(64)の自宅、系列保育園などの家宅捜索に入った。籠池氏の立件を視野に捜査を進める。学園が小学校用地として取得した大阪府豊中市の旧国有地が、約8億円値引きされた疑惑の発覚から約4カ月、森友学園問題は刑事事件に発展した。
 旧国有地の取引では小学校の名誉校長を一時務めた安倍昭恵首相夫人や、国側の関与が大きな焦点となった。野党が追及した国会が18日に閉会し、その直後の着手となった強制捜査は学園側の補助金疑惑の解明が中心となる見通し。