8カ国・地域が参加し札幌市で開かれていた北太平洋漁業委員会(NPFC)の会合が15日、閉幕した。日本が提案したサンマの国・地域別漁獲枠の新設には中国、韓国、ロシアが反対して合意できず、深刻な溝が鮮明になった。日本は来年の会合で再び協議する意向だが実現は不透明だ。1年間に限り、中国などの遠洋漁業国が自国の漁船許可数の増加を禁止することでは一致した。
 3日間の討議では違法操業の取り締まり強化も確認したが、実効性の高い資源保護の国際的な枠組みづくりはほとんど進展しなかった。今秋の漁期も乱獲に歯止めがかからず、国内漁業者や消費者への影響が続くことが懸念される。